沿革

明治39年(1906年) 神戸ドイツ商館で輸入販売に関わっていた前田奈良三郎が京都において創業。
我が国化学工業界の黎明期に先駆けて、工業薬品・染料・中間物の輸入販売を開始。
大正 4年(1915年) 日本製錬(現日本化学工業株式会社)創立と同時に、珪酸ソーダの代理店となる
大正 6年(1917年) 大阪出張所開設
昭和 2年(1927年) 名古屋出張所開設
昭和 9年(1934年) 株式会社前田奈良三郎商店として会社設立
昭和22年(1947年) 前田化学工業薬品株式会社に改称
昭和25年(1950年) 大阪支店を再開
昭和27年(1952年) 資本金600万円とする
名古屋支店を再開
昭和35年(1960年) 東京支店を開設
昭和39年(1964年) 資本金1,500万円とする
昭和46年(1971年) 前田化学株式会社と改称
昭和51年(1976年) 資本金3,000万円とする
平成 2年(1990年) 資本金6,000万円とする
本社社屋落成
平成14年(2002年) 環境マネジメントシステム
ISO 14001 審査登録
平成18年(2006年) 創業100周年を迎える
創業当時社屋

創業当時社屋